酒器専門のネットショップ【はな菜屋】店主の店とはあまり関係ない日記です。


by navis37
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ケーキバイキング

息子のメガネのフレームにひびが入ってしまったので、昨日2人で新しいメガネを買いに行きました。フレーム選びも検眼も順調に終え、後は出来上がりを待つばかりとなったので、「ちょっと甘いものでも食べながらお茶しよ」ということでレストランのある上の階へ。
「ちょっとーペコちゃんいるよ。ケーキ1時間食べ放題がある♪」
「ドリンクバーついてるし、3個も食べたら元取れるんじゃね?」
ということで意見が一致し、やる気満々でまずはお互い2個ずつケーキをチョイス。
「コーヒー飲みながらだったら3個は楽勝だね」
「全然いけるね」
c0085001_16171168.jpg

ところが2個目を食べてる時点で既にトーンダウンしているのでした。
「ケーキ2個って結構お腹にたまるね…」
「コーヒーより冷たいウーロン茶の方がさっぱりしていいかも」
「うんうん、ウーロン茶最高!」
お互い暗黙の了解で3個は食べなきゃと思っているので、次なるケーキ選びへ。
「私はとりあえずあと1個」
「オレはまだいけるから2個」
しかしもう2人とも3個目のケーキが喉を通らないのです。
「なんかオレ、韓国海苔とか食べたくなってきた」
「わかる、私はナンコツの唐揚げ食べたい。せめてテーブルに塩のビンでもあればいいのにね」
「………」
「う、ウーロン茶最高…」
「オレ、ウーロン茶も飽きてきた…」
「………」
「だいたいオレ、ケーキより和菓子の方が好きなんだった…」
「………」
ケーキバイキングの注意事項に「残したら罰金」て書いてあったし、とにかく2人で協力して目の前の3個を食べ切らなきゃいかん、ということで、たっぷり1時間かかって2人で合計7個のケーキをなんとか飲み下し、お店を後にしたのです。
「オレ1時間前の自分にやめとけって言ってやりたい」
「同感…」
自分たちにはケーキバイキングは向かない…ということを学習し、またひとつお利口になった私たち親子だったのでした。
[PR]
# by navis37 | 2011-08-28 16:25 | 食す!

人間ドック終了

ご無沙汰してしまいました。
今日は健康診断、半日コースの人間ドックの日。健診を受ける医療機関はとてもサービスが行き届いているので、さくさくと気持ちよく検査項目をこなせるのですが、最大の難関が内視鏡検査(胃カメラ)です。去年初めて体験して翌日会社を休むくらいのダメージを受けたので、これが一番心配だったのでした。今年もやっぱり涙と鼻水とよだれが全開で、何度もオエーッとなりながらも無事終了。食道、胃袋とも「とてもきれい」と褒められました。しかしこの検査を終えると本当に「ヨレヨレ」になっちゃうわけですよ。朝食抜きで空腹のはずなのに、食欲も出ず。「お昼は温かいおうどんにしよう」と心に決めて初体験のゆで太郎に入ってみたら、ああっ、ゆで太郎はおそばしかないのね、しかも立ち食いでおじさんしかいないし…。街で見かけていたこの看板の「ゆで」の文字からは「ゆでうどん」しか想像してませんでした。残念。
c0085001_23281841.jpg

写真は週末に作った蒸しなすです。これは、20年くらい前のオレンジページに載っていたレシピで、当時結婚間もなかった私にとっては「頑張って作る」部類のお料理でした。今では手軽なレシピのひとつになりましたが、毎年夏の間に1度かせいぜい2度作るくらいかな。刻んだ搾菜が入ったタレをたっぷり回しかけて食べる冷たい蒸しなすは、食欲のない時でも食が進む元気メニュー。季節を感じる一品です。
[PR]
# by navis37 | 2011-07-27 23:33 | イベント

そら豆いっぱい

c0085001_22362031.jpg

 母の田舎からダンボールいっぱいのそら豆が届きました。わはは、すごい量。さやからお豆を取り出す作業はエンドレスとも思えるほどむいてもむいても金太郎な感じでしたが、夫と2人で1時間ほどもくもくとむいたら、中身は大きめのザルに山盛り一杯程度にぐっとカサが減りました。
 さっそく1/3ほどの量を塩ゆでに。ゆでたてのそら豆は、独特の豆っぽい匂いと柔らかくて甘みのある味がなんだか懐かしい。今日は近くの公園でお祭りをやっていたので、このそら豆とお祭りで買ったイカ焼きをおつまみに昼間からビールを楽しんだのでした。
[PR]
# by navis37 | 2010-05-16 22:58 | 食す!

やっと来た春

美大目ざして一浪していた娘が今年なんとか希望の大学に合格、ようやく我が家にも春が来ました。ああ、なんだか本当にホッ…。そんなわけで週末はお祝いの焼き肉大会に添えて秘蔵の森伊蔵もあけちゃいました。うーん、やっぱり美味しいわ森伊蔵。「ガツンと芋!」ではないけれど、さして呑めない私にはこのフルーティな香りとスルスルと喉を通っていくさわやかな甘味が何ともいい感じです。しかしそこはやっぱりアルコール分解能力の弱さゆえ、あっと言う間に頭ガンガンに。バファリン飲んで頭痛と闘いつつ洗いものを済ませ、祝宴の夜を終えたのでした。
久しぶりにのんびり過ごした週末、娘が借りてきていたDVD「亀は意外と速く泳ぐ」を観て大いに笑いました。
c0085001_127251.jpg

[PR]
# by navis37 | 2010-03-16 01:31 | 飲む!

新年ですね

c0085001_3182767.jpgあけましておめでとうございます。
紅白が終わってディズニーの花火が上がり、おせちの準備とお煮しめもでき上がりました。ふ〜、いよいよお正月ですね。

去年の終わりに嬉しかったことをひとつ。ご家族へのクリスマスプレゼントに器を購入して下さったお客様から「家族みんながとても喜んでくれました。私もすごーく嬉しいです」というメールをいただいたこと。私も人に贈り物をするときは、「贈る相手が気に入ってくれそうなもので自分も好きなもの」をあれこれ考えながら時間をかけて探します。だから、受け取った人が喜んでくれたら贈った自分も嬉しい気持ちになるの、すごくわかります。でも普通はなかなかそれをお店に伝えることまではしないのに、わざわざメールを下さって…感激でした。ありがとうございました。

小さな器のひとつひとつにも、いろんなパワーがあることをあらためて実感しています。そんなわけで、今年もはな菜屋をどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by navis37 | 2010-01-01 03:29 | イベント

バジルが豊作

c0085001_0535849.jpg
c0085001_0542035.jpg
c0085001_055524.jpg

 今年はベランダのバジルが豊作で、せっかくだからと先週夫が、オリーブオイルとにんにく、鷹の爪、松の実など入れてミキサーにかけ、バジルソースを作ってくれました。今日のお昼はこのバジルソースを使ったパスタです。生のバジルをふんだんに入れた手作りのソースはとても香り高く、プチトマトの甘味酸味との相性も抜群で、思わず「んまいっ!」とうなってしまう出来でした。かなり手前味噌ですが…。
[PR]
# by navis37 | 2009-08-23 23:52 | 植物

早朝のドライブ

 今年は何年かぶりに、お盆休みというまとまった休暇を取りました。といっても、お墓参りに行ったり、たまった家事を片付けたり、ただボーッとしたりしながら、家族と一緒の時間をゆっくりと過ごしただけで、特別なイベントはなかったのですが。でも息子にとってこの週末は、ちょっと意味のあるものでした。それは、「コミケ」と呼ばれるアニメの一大イベントが開催される3日間だったから。私は行ったことがないからよくわからないけど、アニメグッズを買い求める人、とっておきのコスプレを披露しにいく人、そのコスプレイヤーの写真を撮りたい人、同人誌を売る人・買う人など、形は違ってもアニメを愛するたくさんの人々がここぞと集まってくる大きなイベントらしいのです。去年は受験生だったために大人しくしていた息子も、今年は気合いが違っていました。その気合いに気圧されて、ついつい私は始発が出るよりも早い時間に車で送っていく約束をしてしまったのです。朝の4時に家を出発、まずは息子の友達を迎えに行き、そこからビッグサイトへ。だけど地域限定でしか運転のできない私は、友達の住む地域もビッグサイトへの道も運転したことがなく、内心ドキドキでした。それに彼らを降ろした後ひとりで運転して帰るのもコワいじゃないの…というわけで、娘をドライブに付き合わせることにしたのです。
c0085001_1333294.jpg 前日にMapionでよーく学習したとはいえ、まだ暗い時間帯に初めての道を運転するのは緊張もので、ちょっぴり道を間違えたりしつつもなんとか友達を拾い、ビッグサイトに辿り着いたのが5時ちょい過ぎ。こんな早朝にもかかわらず、ビッグサイト周辺には「どこからどう見てもオタク君」とわかる男の子達が本当にわさわさと集まってきていました。ふ〜。いろんな世界があるもんですね。とりあえず大仕事(?)を終えた私と娘は「お腹空いちゃったね」と言いながら帰途に着きました。行きと違って気持ちに余裕ができたせいか、帰り道は湾岸から見える朝焼けに見とれたりしながら、短いドライブがずいぶん楽しく感じられたものでした。ああ、どこにでもサクサクと運転していけるようになりたい。でも、首都高の短い合流とかギッシリ詰まった駐車場とか、地方の狭い県道でダンプカーとすれ違うシーンとか…。やっぱり想像しただけでもドキドキしてしまう情けないドライバーなのでした。
[PR]
# by navis37 | 2009-08-17 01:44 | イベント

LOVEタコライス

c0085001_2052159.jpg 昨日から息子が2泊3日の移動教室にでかけているので、娘と2人の夕飯を簡単に済ませちゃえ♪ということで(帰りの遅い夫は別口です)、今夜はタコライスなのでした。もともと私はタコライスが大好きで、沖縄料理店のランチではよく食べていたものの、なぜか「家で作る」という発想がありませんでした。ところが昨年の秋、夫と2人で箱根へ日帰り旅行に出かけた際、ちょっと帰りが遅くなってしまった私たちを娘がタコライスを作って待っていてくれたのでした。「うそ!タコライスだ〜♡」それはそれは感動ものでした。そっか、家でも作れるのね。それからは私が作ったり娘が作ったり、ちょいちょいこのメニューが家の食卓に上るようになったのです。超簡単超美味しい。洗いものも少なくて済むし、本当にハッピーな気分です。
[PR]
# by navis37 | 2009-04-23 20:58 | 食す!

桜を見つけた

c0085001_11303127.jpg 娘と息子のW受験が終わりました。美大を目指していた娘は残念ながら今年は合格ならずで浪人決定、息子は行きたかった都立高校に合格して春から高校1年生です。3つ違いの姉弟は、いつも同時に節目の年を迎えてきたわけですが、大学と高校の同時受験は心配性の私には緊張の連続でした。子どもたちに対してはいつもと変わらずに接していたつもりでも、ふと気付くとなんだかご飯が食べられない自分がいたりして、「そうか私、緊張してるんだ」と感じることが度々あったのでした。だから、2人とも合格!とはいかなかったけれど、結果を待っているときの落ち着かない気持ちに比べたら、今はずっと気が楽。本当にこの一年は、2人が道に迷って立ち止まったりつまづいて転んだりするのを傍で見守りながら、そのたびに心臓をキュッと掴まれたみたいに胸が痛くて、なのにまったく痩せない自分は何なんだ的な腹立たしさとかね、母は母なりに複雑だったんです。
 写真は、娘の卒業式の帰り道に公園で見つけた大寒桜。名前は寒々しいけど、まだ冷たい空気の中でそこだけ春の暖かさを感じさせるような力強い姿です。少しピンクが濃いこの桜を見ながら、やれやれ、私もまた一年頑張らなくちゃ、と気持ちを新たにした花粉症の春なのでした。
[PR]
# by navis37 | 2009-03-14 11:34 | イベント
 圧力鍋の重りをなくしてしまいました。「どうせまた寝ぼけて洗いものをした時に、どこか変なところにしまい込んじゃったんでしょう」というのが私と家族の一致した見解でしたが、普段寝ぼけて食器類をしまい込む場所はだいたい冷蔵庫と決まっていて、真っ先にここを調査してみたけれど重りは見つかりませんでした。掌にすっぽりと隠れてしまうくらい小さな重り。でもあれがないと圧力鍋は機能しないわけで、そのおかげで作れなくなるメニューはビーフシチューや豚の角煮、牛スジやモツ煮込みなどけっこう少なくないのです。そこで考えたのは、「メーカーからパーツを取り寄せる!」ということ。さっそくネットで検索してみたら、あちゃあ、会社はつぶれておりました。う〜ん、そろそろ買い替え時ってことかしら。だけどお鍋本体はあるのにね…惜しいなぁ。
 そう、私は自他ともに認める粗忽者なのです。いつもは片付けのできない娘に「だらしなくて得をすることは何ひとつないんだよ」とお説教をしていますが、おっちょこちょいで得することも何ひとつないです。だって物をなくす、壊す、ケガをする、恥をかく、仕事で失敗をやらかす、そして落ち込む…の繰り返しだから。地下鉄の快速が止まらない駅に住んでいるのに、うっかり快速に乗っちゃうのもしょっちゅう。降りるべき駅を通り越しては次の駅で折り返して戻ってくるんですが、反対側のホームにダッシュしてタイミングよく滑り込んできた電車に乗れたー(^o^)と思ったらその電車も快速だったー(ToT)そしてまた家が遠ざかり…なんてね、まるでなかなか上がれない双六みたいです。同じ沿線に住んでいる人にその話をした時、「わかるわぁ」とか「やるやるー」とか同調してもらえると思ったのに、むしろきょとんとした顔で「え? だって乗る前に快速かどうか確認しないの?」と不思議がられてしまいました。あ、そうですよね。そりゃそうなんですけどね…。
 おっちょこちょいの9割は不注意が招くものとわかってはいるんです。でも残り1割は「そういう星のもと」っていうのがあるような気がする。それはどういうことかと言うと、例えばここにあと10回水を汲んだら壊れる運命のバケツがあるとします。その10回目をなぜか引いちゃうのが私で、水を汲んでさてと持ち上げた途端に取っ手がはずれて水をぶちまけてしまう。それを見た9番目の人が「本当におっちょこちょいね」と笑うわけです。それってずいぶん理不尽なんじゃないでしょうかーー!?
 そんな私でも、商品の器だけは一度も割ったことがないから不思議です。やっぱり「注意を払うこと」がおっちょこちょいにつける一番の薬ということですね。ただ1割の運命を除けば…。
[PR]
# by navis37 | 2009-02-07 09:30 | ひとりごと